文字サイズ

MENU

 現在、国より発令されております「緊急事態宣言」について、9月30日(木曜)の期限で解除されることが、28日(火曜)の政府対策本部会議にて正式決定されました。

 10月1日以降、金田地域交流センターについては、9月29日(水曜)に実施された「第33回木更津市健康危機管理対策本部会議」の結果及び「木更津市施設利用における感染防止基準」にもとづき、次のとおり利用制限を緩和しますのでお知らせします。

 

変更点について

1 開館時間を20時から21時までに変更する。

2 一部の活動を除き、利用人数の制限を撤廃(「飛沫を伴う活動」及び「接触を伴う活動」は、定員の2分の1以下)

3 1回あたりの活動時間、原則4時間以内を撤廃

4 トランペット・ハーモニカ・合唱・詩吟・カラオケなどの「飛沫を伴う活動」について、利用条件を満たした場合は実施可とする。

5 社交ダンス・チアダンスなどの「接触を伴う活動」について、利用条件を満たした場合は実施可とする。

6 調理実習・茶道などの「調理を伴う活動」について、利用条件を満たした場合は実施可とする。

 

変更日について

令和3年10月1日(金曜)から

※詳しい利用条件などは下記をご確認ください。なお、留意事項や制限事項、制限期間については感染防止策を検討しつつ、段階的に見直しを行ってまいります。


【1/19無料講演】居場所ってなんだろう?~じぶんにとっての居場所とは?を考えよう~

2020.01.15

木更津市出身・在住の音楽アーティストであり、木更津市より「木更津ふるさと応援団」に任命されている松本佳奈さんによる、まちづくりと多様な生き方について考えるイベント「居場所って何だろう?」を1月19日(日)に開催します。

きさてらすも2019年4月から開設しておりますが、子どもたちの居場所を提供してきましたがまだまだ改良が必要と感じております。そこで今回富山コミュニティハウスひとのま代表、宮田隼さんをお迎えし、ごちゃまぜな居場所のつくり方をご講演いただきます。

事前申し込み不要の無料イベントですので、ぜひお越しください!

講演『ごちゃまぜな居場所のつくり方』

講師/寺子屋みやた代表・富山コミュニティハウスひとのま代表 宮田 隼 さん

昭和58年生まれ、福岡県出身。日本福祉大学卒業後、大手学習塾に勤め、その後奥さんの出身地である富山県へ。不登校の子の居場所作りからホームレスの人の生活支援まで幅広い相談を受けて入れている。

  • 当日は1日限りの移動図書館「まつかな文庫」を設置します。どなたでもご自由にお読みいただけます。
  • 子供から大人まで、「違う」から「おもしろい」、『違いを楽しむアート展』を同会場にて開催いたします。
    (協力:井戸端art、感性の教室、学童保育れんこんクラブ)
  • イベントの最後に松本佳奈さん×育色工房さんによるライブペインティングを予定しています。

 

お知らせ一覧に戻る