文字サイズ

MENU

120日(水曜)に開催した木更津市新型コロナウイルス感染症対策本部で金田地域交流センターの貸し出しを休止することが決定しました。

一部業務は継続

 これは、木更津市においてクラスターの発生及び医療体制のひっ迫から、早急に接触機会の低減を推し進め、感染の拡大を防止するためです。本市の危機的な状況から市民の命を守るため、皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いします。

1 貸し出し休止期間

 令和3121日(木曜)から当面の間

 ただし、市内感染者状況等を総合的に判断し、変更する場合があります。

2 開館時間

 変更前 830分~2000

 変更後 830分~1715

3 継続業務

 ・窓口での申請書等受付業務

 ・電話での問い合わせまたは相談等

 ・図書の返却

 ・休止及び自粛に伴う施設利用料還付の相談、手続き

 ※なお、休止等に伴う施設利用料還付の手続きについては、当施設までお問い合わせください。 

 

木更津市金田地域交流センター(きさてらす)

 住 所:木更津市金田東6丁目11番地1

 電 話:0438-97-6292

 ファクス:0438-97-6295


【1/19無料講演】居場所ってなんだろう?~じぶんにとっての居場所とは?を考えよう~

2020.01.15

木更津市出身・在住の音楽アーティストであり、木更津市より「木更津ふるさと応援団」に任命されている松本佳奈さんによる、まちづくりと多様な生き方について考えるイベント「居場所って何だろう?」を1月19日(日)に開催します。

きさてらすも2019年4月から開設しておりますが、子どもたちの居場所を提供してきましたがまだまだ改良が必要と感じております。そこで今回富山コミュニティハウスひとのま代表、宮田隼さんをお迎えし、ごちゃまぜな居場所のつくり方をご講演いただきます。

事前申し込み不要の無料イベントですので、ぜひお越しください!

講演『ごちゃまぜな居場所のつくり方』

講師/寺子屋みやた代表・富山コミュニティハウスひとのま代表 宮田 隼 さん

昭和58年生まれ、福岡県出身。日本福祉大学卒業後、大手学習塾に勤め、その後奥さんの出身地である富山県へ。不登校の子の居場所作りからホームレスの人の生活支援まで幅広い相談を受けて入れている。

  • 当日は1日限りの移動図書館「まつかな文庫」を設置します。どなたでもご自由にお読みいただけます。
  • 子供から大人まで、「違う」から「おもしろい」、『違いを楽しむアート展』を同会場にて開催いたします。
    (協力:井戸端art、感性の教室、学童保育れんこんクラブ)
  • イベントの最後に松本佳奈さん×育色工房さんによるライブペインティングを予定しています。

 

お知らせ一覧に戻る