文字サイズ

MENU

市外在住者の本施設の新規利用自粛について
本市では、新型コロナウイルス感染者が2ケタ代で高止まりしております。
また、君津中央病院でも医療提供体制のひっ迫が続いており、新型コロナウイルス感染者患者受け入れ病床の増床に伴う一部診療制限も継続中で、救急の搬送先の病院が決まらない「救急搬送困難事例」も増え憂慮される状況でございます。このような中、千葉県の緊急事態宣言の延長があり、人流のさらなる減少、混雑した場所への外出の半減が求められております。

大切な命を守るため、今できる最大限の対策として、本市への人の流れを抑制するために各施設において各施設の事情、状況を踏まえながら、市外在住の皆様の新規利用につきまして、控えていただきますようお願いしております。
ご理解いただけますようお願いいたします。

利用制限期間について
緊急事態宣言解除まで

※ご利用時の留意事項については、下記をご確認ください。なお、留意事項や制限事項、制限期間については感染防止策を検討しつつ、段階的に見直しを行ってまいります。


【8月11日(水曜)更新】市有施設利用者の新型コロナウイルス感染が確認されました

2021.08.11

市有施設利用者の新型コロナウイルス感染が確認されました
 令和3年8月7日(土曜)に、木更津市金田地域交流センター「きさてらす」を利用した団体の内、2名が新型コロナウイルスに感染、また、同団体の内、4名が濃厚接触者となったことが令和3年8月10日(火曜)に確認されました。

施設の対応
職員がマスクを着用し、パーテーションによる飛沫防止対策を講じていたことから、職員及び他の利用団体については、濃厚接触者に該当しませんでした。
8月10日(火曜)に施設内全域の消毒を実施し、完了していることから、通常どおり、施設の開館を継続いたします。
これまでも感染対策を徹底しておりましたが、引き続き、感染防止に努めてまいります。

お知らせ一覧に戻る